医師にもある残業

医師の職場で残業をする意味

医師は仕事も勉強のひとつ

多くの一般の方は、総合病院に勤務をする医師には残業が無いと思われている方が多いです。しかし、定時に帰宅が出来る医師の方が少なく残業は当たり前です。なぜなら、受け持っている患者の容態確認・後日控えている手術の打ち合わせ・入院患者の回診などは外来診察を終えてから行なうからです。若手ほど職場に残る時間は長くなり帰宅が深夜をまわることも日常茶飯事です。しかし医者にとって長時間医療現場にいることは、職務以上に学びの場と考えるの苦痛に感じないと答える方が多いのも現実。最新医療と向き合い技術をものにするには現場に長い時間居る必要があるからです。

医療の職場の実態について

医師といえば、とても忙しく、責任が重い仕事というイメージがあります。この仕事の大変さといえば、常に言われるのが人手不足です。1人の医師で担当する患者さんの数が多いことです。しかし、その分、やりがいのある仕事でもあります。それは、患者さんの病気を治療し、感謝されることで、それが奉仕精神となっていくことです。こういう気持ちを持って仕事ができるということが、さらなる医療の進歩へとつながっていくことでしょう。まずは人手不足を解消すべく、医療スタッフの充実をしていきたいものです。比較的転職の求人が多いということもありますので、自分に合ったところを探すのも良いです。

↑PAGE TOP