医師と患者の関係性

医師と患者は信頼関係が必要

医師も患者を尊重すること

医療現場においては、医師が患者よりも優位の立場にあると思われがちです。しかし、長期間の治療が必要な病と戦うにはお互いの間に信頼関係が無いと成立しない場合があります。病気を治したい一心で、独自に調べた治療法を担当医に効果はあるのかと提案する場合もあるでしょう。ここで「素人の浅知恵」などと一蹴せずに、一緒に考え思案をすることが大切です。患者の意思を尊重することで大きな信頼関係が築けるのです。気をつけておきたいのは病院は医師にとっては職場。プライベートな連絡先を教えたりするのは一線を越えてしまう恐れがあるので注意が必要です。

職場の環境はとても重要である

職場の環境が悪く困っている医師が沢山いますが、なかなか休みが取れない上に給料の額が低いとモチベーションがかなり下がってしまいます。またあまりに働く環境が悪いと過労で倒れてしまうこともあるので、そういったことを防ぐためにも体の調子が悪くなる前に病院側としっかりと話し合うことが大切です。それでも待遇が改善されない場合には色々と考える必要があり、どうしても今の状態のままだと働けないと思ったら転職も視野に入れた方が良いです。医師は患者さんを助けるのが仕事ですが自分が体調を崩してしまったら始まらないので、そうならないようにするためには何をするべきかよく考えることが重要です。

↑PAGE TOP