非常勤医師について

医師の職場の設備について

医師の非常勤の働き方について

非常勤医師とは、1日8時間程度の勤務でかつ1週間2時間、週4日勤務」以外の働き方をする場合を指します。勤務内容として診療科目に関係なく、外来の求人が多いという特徴があります。働き方の理由として最も多いのが常勤先の研究日を利用しての収入アップや自身のスキルアップで、女性医師の場合は育児と仕事を両立するためです。自分の都合に合わせて勤務可能なため産休・育休明けの女性が子どもを預けて少しずつ働いて行くという形も多くみられます。

2種類の働き方がある非常勤医師

非常勤医師には、大きく2種類の働き方があります。まず1つ目が、勤務日を週1日もしくは2日と決めて、定期的に勤務を行う働き方です。続いて2つ目が、特定の日だけに健康診断や当直を行う働き方です。医師として、安定した収入を得たいという方にとっては、1つ目の働き方の方が適しています。しかし、より自分のスケジュールを優先して働きたいという方にとっては、2つ目の働き方の方が適しています。そこで、自分自身が優先するものに応じて、働き方を決めましょう。

↑PAGE TOP