海外で働く医師は

医師の職場の設備について

医師として海外で働く

今、海外勤務医という働き方が話題になっています。実は日本人が臨床研修できる国々は数多くあります。例えば、アメリカやカナダ、イギリスなどです。ただしスタッフが日本人のみという病院は少ないため、医師としての能力だけでなく、言語のスキルが求められます。日常会話はもちろん医学の専門用語も、その国の言語で自由に話せなければなりません。その他の様々な情報については、医師のための転職情報サイトを利用すると便利です。

医師として海外で働くには

近年は国外でのキャリアアップや開業に関心を持つドクターが増えています。医師として海外で働くには、日本の免許だけではなく、その国で働くための免許が必要です。資格を得るには現地で臨床研修と試験を受ける方法のほか、研究留学という方法もありあます。臨床研修は医師として働き、収入を得ながら資格を取得することが可能。研究留学は勉強がメインで働きながらの資格取得は難しく、十分に生活資金を確保した上で留学しなければならないでしょう。

↑PAGE TOP