医師の資格を取ると

医師の職場の設備について

  • トップ /
  • 医師の資格に関する情報

医師は生活の中で心強い味方

医師資格は、大学で専門課程を修了し、国家試験に合格した者だけに与えられます。我々が生活する中で生じるケガや罹患する病気に対して、内科的治療や外科的治療を行い、症状を緩和、または完治させてくれる心強い味方が医師です。身体の構造はとても精密で複雑に出来ており、呼吸器、循環器、消化器など専門の診療科が存在します。また、大きな病院になるほど専門の科が増えていき、さまざまな角度から病気やケガの治療を行います。

医師になるための資格

医師の資格を得るためには、国家試験に合格する必要があります。また、国家試験をクリアした後に、一定期間研修医として経験を積み、初めて保険医になることができます。保険医になることで、医師として保険治療を行うことが認められます。国家試験はマークシート式の試験になっており、ペーパーテストに合格しただけでは保険医になることができない仕組みになっています。実際に研修医として、患者に向き合うことが重要であると考えられています。

↑PAGE TOP