医師にある応召義務

医師の職場の設備について

  • トップ /
  • 医師が守るべき応召義務

医師には応召義務がある

医師には応召義務があります。これは、やむをえない事情がない限り、患者の求めに応じて診療をしなければならないという義務です。これにより、病気になった患者が病院へ行って診療を断られるということがないため、安心して病気があったときに病院に行くことができます。医師が患者の診療を拒むことができる正当な事情とは、病気で診療ができない、不在で診療ができない、災害により診療ができないといった事情に限られています。

医師の応召義務の定義

医師は法律によって特別な理由がない限り診療を求められたときには拒まず診療を行わなければならない義務があると定められており、そのことを応召義務と呼びます。しかし、正当な理由があれば診療を行わないことも可能で、例えば紹介状が無いと診察を行っていない医師のもとに紹介状を持たずに訪れたり、暴力的な患者で他人に危害を加えかねないと判断された場合などがそれに当たりますので、いかなる場合にでも診療を異なってはいけないという事ではありません。

↑PAGE TOP